×

どこが違うの?「ウィンナー」「ソーセージ」「チョリソ」

どこが違うの?「ウィンナー」「ソーセージ」「チョリソ」

お店の業態でも「バル」や「バール」など同じようでも、呼び方が違うものってありますよね。食べ物でも「ウィンナー」と「ソーセージ」など違いがよくわからないものがあります。そこでこの違いを調べてみました。

15,755 views


weiner2

スポンサーリンク

ソーセージとは

“腸詰め”のこと。一般的には、塩漬けされた肉を挽き、これを香辛料等によって味付けして腸に詰め、乾燥、または燻製することによって作られます。ソーセージの語源は諸説ありますが、salsus(ラテン語で「塩漬けされた」の意)が語源だという説が有力なようです。
出典:TABITABI

塩漬けされた”腸詰め”のことをソーセージというのですね!

ウィンナーとは

ソーセージの中の一種。つまりは「ウィーン風」という意味。正式には「ウィンナーソーセージ」と呼ぶそうです。
出典:TABITABI

ウィンナーはソーセージの一種なんですね。

ソーセージにはこんな種類などがあります。

  • ウィンナーソーセージ ─ ケーシング(動物の腸、なかには人工のものも)には、羊の腸が使用され、太さが20ミリ未満のもの。
  • フランクフルトソーセージ ─ 豚の腸が使用されており、太さが20ミリ~36ミリのもの。
  • ボロニアソーセージ ─ 牛の腸が使用され、太さが36ミリ以上のもの。
  • レバーソーセージ ─ 原料臓器類として家畜、家きん又は家兎の肝臓のみが使用され、原料に占める重量の割合が50%未満のもの。

チョリソとは

細かく刻んだ豚肉に塩を混ぜ、ニンニクやパプリカなどの香辛料を加えて腸に詰め、干して作る。パプリカをたっぷり使うため、赤い色をしていることが多い。また、辛さに応じてピカンテ(picante)またはドゥルセ(dulce)に分類される。多くの場合は豚肉が用いられるが、ごく一部に牛肉・鶏肉・羊肉で作られたものもある。
出典:Wikipedia

現在日本で入手できるチョリソの多くは強い辛みを持つメキシコ風のものが多い。スペイン産のチョリソは唐辛子が入っておらず辛みが少ないとのこと。

いかがでしたか?

差異がわからないけど、なんとなく区別して呼んでいるものって意外と多くありますよね?それらを調べてみるのも面白いかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のライター

sho

sho

お腹弱めスイーツ男子(๑•̀ㅂ•́)و✧...

カテゴリ一覧

労務

23件のまとめ

労務

資格・スクール

12件のまとめ

資格・スクール

レシピ

18件のまとめ

レシピ

ニュース

96件のまとめ

ニュース

インタビュー

114件のまとめ

インタビュー

仕事

56件のまとめ

仕事

コラム

78件のまとめ

コラム

海外・英語

13件のまとめ

海外・英語

カフェ

15件のまとめ

カフェ

スイーツ

7件のまとめ

スイーツ

雑学・豆知識

66件のまとめ

雑学・豆知識

お酒

13件のまとめ

お酒

美容・健康

24件のまとめ

美容・健康

食材

33件のまとめ

食材

お店

22件のまとめ

お店

バイト

3件のまとめ

バイト

カテゴリ一覧

労務

労務

資格・スクール

資格・スクール

レシピ

レシピ

ニュース

ニュース

インタビュー

インタビュー

仕事

仕事

コラム

コラム

海外・英語

海外・英語

カフェ

カフェ

スイーツ

スイーツ

雑学・豆知識

雑学・豆知識

お酒

お酒

美容・健康

美容・健康

食材

食材

お店

お店

バイト

バイト