×
屋台からスタートした「やみつき」という名のハンバーガーショップ!

屋台からスタートした「やみつき」という名のハンバーガーショップ!

厨房に立つ経営者にインタビュー!MUNCH’S BURGER SHACK オーナーシェフ 1977年、埼玉県生まれ。20代まで、ラップ音楽のヴォーカリストとして活動。食べ歩きに興味があり、肉好きが高じて肉の卸業者で1年半経験。2006年、車でハンバーガーの移動販売をスタート。ネオ屋台村に参加して腕を磨き、2011年、田町に出店する。今年4月、すぐ近くの現在の場所に移転したばかり。

1,732 views


mein240

「やみつき」という名のハンバーガーレストラン

店名に使われている“MUNCH’S”とは、やみつきという意味のスラングだそうです。
やみつきというだけあって店内は男性・女性ともにハンバーガーを食しています。
パティの仕込み方法では肉本来の旨みを楽しんでもらえるように、効率性を度外視した仕込みをおこなっている。

「ハンバーガーのプロ職人から見たら、なーにやってるんだ?って笑われるかもしれません。でも、それでいいんです。これが私のやり方ですからね」
出典:厨房に立つ経営者

屋台と当時のお客さんが、
ハンバーガーづくりの師匠だった

最初の5年間は屋台カーを使い移動販売でハンバーガーを追求してきた。
お客さんとの距離が近い屋台では色々な意見が効けたという。
そうしてオリジナル性のあるのハンバーバーを追求してきた。
そんな柳澤氏のやり方とは?

「これはこうでなければならない。これはこうあるべきだ、みたいな考え方が嫌いなんです。そういう考え方は、自分の世界を狭めるだけだし、クリエイティブじゃないと思うんですよね。なにごとも、白紙の状態から自由な発想で色をつけていくのが、私のやり方です。だって、そうじゃなきゃ、楽しくないでしょう?」
出典:厨房に立つ経営者

肉料理のいちジャンルとして定着させていきたい

ランチタイムはスピードもサービスのうちだという。
お客さんの立場になって水を注ぐタイミングも考えられている。
柳澤氏はハンバーガーにどのような想いがあるのでしょうか?

「これからは、ハンバーガーを肉料理のいちジャンルとして定着させていきたいですね。肉が食べたいと思ったとき、ステーキや焼肉だけじゃないよ、ハンバーガーがありますよってね。そういう存在にハンバーガーがなれたら嬉しいです。出店計画はありませんけど、日本人のつくるハンバーガーって、たぶんアメリカ人がつくるものとは感性的に違うと思うんですね。そういう日本人の感性を活かしたハンバーガーをアメリカに逆輸入したら面白いかもしれませんね」
出典:厨房に立つ経営者

店舗情報

shop240

マンチズ バーガー シャック
住所:東京都港区芝2-26-1 i-smartビル1・2F
電話:03-6435-3166
時間:火~金 11:00~16:00/17:00~22:00
   土 11:00~22:00日・祝日 11:30~19:00
休日:月曜日(祝日の場合は営業)
交通:JR各線田町駅徒歩10分

この記事のライター

teizo

teizo

...

飲食店アルバイト情報サイトグルメdeバイト

カテゴリ一覧

労務

27件のまとめ

労務

資格・スクール

12件のまとめ

資格・スクール

レシピ

18件のまとめ

レシピ

ニュース

105件のまとめ

ニュース

インタビュー

115件のまとめ

インタビュー

仕事

56件のまとめ

仕事

コラム

84件のまとめ

コラム

海外・英語

13件のまとめ

海外・英語

カフェ

16件のまとめ

カフェ

スイーツ

8件のまとめ

スイーツ

雑学・豆知識

69件のまとめ

雑学・豆知識

お酒

13件のまとめ

お酒

美容・健康

24件のまとめ

美容・健康

食材

34件のまとめ

食材

お店

24件のまとめ

お店

バイト

3件のまとめ

バイト

カテゴリ一覧

労務

労務

資格・スクール

資格・スクール

レシピ

レシピ

ニュース

ニュース

インタビュー

インタビュー

仕事

仕事

コラム

コラム

海外・英語

海外・英語

カフェ

カフェ

スイーツ

スイーツ

雑学・豆知識

雑学・豆知識

お酒

お酒

美容・健康

美容・健康

食材

食材

お店

お店

バイト

バイト