×

受ける前に知っておきたい!カフェの面接で聞かれることTOP5

受ける前に知っておきたい!カフェの面接で聞かれることTOP5

飲食店のバイトで男女問わず人気なカフェバイト。オシャレなイメージから憧れる人も多いのではないでしょうか。今回はカフェの面接を安心して受けられるように、面接でよく聞かれる質問TOP5をまとめてご紹介します。

798 views


受ける前に知っておきたい!カフェの面接で聞かれることTOP5

★絶対押さえておきたい!面接官がグッとくる九つの意外な事実!~他の記事をチェック

面接では髪もバッサリ切り、やる気を体全体でアピールしたら好印象でした!~他の記事をチェック

★受ける前に知っておきたい!居酒屋バイトの面接で聞かれることTOP5~他の記事をチェック

カフェ(ホール・キッチン)で聞かれることTOP5

1、志望動機

2、シフトの希望(長期間、年末年始、土日祝は勤務可能かどうか)

3、バイト経験

4、希望職種(ホールorキッチン)

5、勤務時間、交通費

6、まとめ

1、志望動機

おススメ回答例

(ホール例)「飲食店カフェバイトも初めてですが、接客に興味があるので志望しました。またコーヒーが好きなので詳しくなりたいと思いカフェにしました。以前利用させていただいたときスタッフの方が明るくテキパキと働いていらっしゃったので、こちらのカフェで接客を学びたいと思いました。」

(キッチン例)「以前○○カフェでアルバイトをしていて調理補助とドリンク担当経験があります。その経験を活かし、カフェのメニューやドリンクについてより詳しくなりたいと思いこちらのカフェを志望いたしました。」

面接の時、必ず聞かれるのが志望動機です。カフェはイメージがいいので人気バイトです。人気カフェでは応募が殺到する場合もあります。その中で、より採用されるためには面接時に「やる気・意欲」を伝えることです。面接時に「やる気・意欲」が見えるのは志望動機です。志望動機に熱意がある人は「カフェで働きたいという気持ち」が明確に伝わり、採用されやすくなります。キッチン希望の場合でも同じです。「カフェメニューの調理やドリンク作成に興味がある」といった具体的にやる気が見える志望動機を話せるようにしましょう。

「将来バリスタになりたい」や「将来カフェを開きたい」といった思いがある人は強みになります。志望動機に加えて話すとさらに熱意が伝わります。

※「バリスタ」とは…カウンターでオーダーを受けてエスプレッソをはじめとするコーヒーを淹れる職業。世界大会や全国大会などあるコーヒーを淹れるプロ。

2、シフトの希望(長期間、年末年始、土日祝は勤務可能かどうか)

おススメ回答例

・週○日勤務希望です。

・平日は○時~○時。土日祝は何時からでも調整可能です。

・学業があるため平日は17時から希望ですが、休みの日であれば柔軟に対応できます。

・長期間の勤務希望です。年末年始や、夏休みも勤務できます。

カフェによってはモーニングタイムから営業しているカフェや22時以降も営業しているカフェがあります。営業時間はお店によって異なるので、事前に調べてから面接を受けましょう。

カフェは朝7~9時のモーニングタイムや、3~17時のカフェタイムが忙しくなることが多いです。また人気なカフェでは、土日祝日は昼間も忙しいです。このように忙しい時間帯はバラつきがあるので、シフトに柔軟に対応できる方はお店にとって重宝されます。

希望のシフトがある場合は面接時にできるだけ具体的に伝えましょう。ただし自分の都合ばかり優先させると、「シフトの融通が利かない」と思われてしまいます。希望がある場合でも、その都度柔軟に対応できる姿勢を示すことがポイントです。

3、バイト経験

おススメ回答例

(ホール例)「以前居酒屋でアルバイトをしていました。居酒屋でのホール経験を通じ、元気で明るい接客をすることにやりがいを感じました。カフェの接客やマナーや、ホール作業を学びたいです。」

(キッチン例)「居酒屋での調理経験があります。仕込みや盛り付けの経験をしました。コーヒーやケーキが好きなので、カフェでの調理やドリンクの作成を学びたいです。」

(未経験の場合)「飲食店カフェのアルバイトも初めてです。でも、テキパキと行動するのが得意です。部活動を経験していたので仲間と協力し、明るく元気に接することができます。仕事も早く覚えるように尽力します。」

飲食店でバイト経験がある場合は強みです。居酒屋といったカフェ以外のアルバイトをしたことがある方も強みになります。また経験をしたことだけではなく、その経験から、どのようなことが学べたか加えて話せるとさらに印象が良くなります。例えばホールであれば「接客業のやりがいを感じた」「お客様の笑顔が嬉しかった」などです。キッチンでは「料理の提供時間の工夫や盛り付けにやりがいを感じた」「ホールとの連携の大切さを知った」「お客様においしいといってもらって嬉しかった」といった内容です。

もし未経験の場合でも不安になる必要はありません。隠さず正直に伝えましょう。ただし、経験はないが「得意なこと」、「やる気・意欲」、「コミュニケーション力」をアピールすることが重要です。そういった方は未経験でも採用される確率がぐっと上がります。

4、希望職種(ホールorキッチン)

おススメ回答例

(ホール例)「ホール(接客)を希望します。お客様に喜んでいただくとやりがいを感じるからです。将来、人と接する仕事をしたいと思っているので、接客経験を活かしたいと思っています。」

(キッチン例) 「以前キッチンを担当していたことと、調理が好きなことからキッチン希望です。将来、カフェでバリスタになりたいと思っているので、ドリンク作業など積極的に覚えたいです。」

希望職種を聞かれる場合は、希望する職種とその理由を明確に話せるように準備しておきましょう。カフェによっては、最初はホールを経験してからキッチンという場合もあります。その場合は「どちらも興味があります」という風に柔軟な姿勢を見せましょう。

5、勤務時間、交通費

おススメ回答例

・○○線で片道○○円です。往復だと○○円です。

・通勤時間は家から○○分です。学校から○○分です。

・自転車通勤希望です。近くの駐輪場の値段は1日○○円です。

・晴れの日は自転車通勤希望ですが、雨の日はバス利用希望です。
バスの運賃は片道○○円です。

アルバイト先によっては交通費「全額支給」「上限付きで支給」という風に条件が異なります。働いた場合、実際にかかる交通費とバイト先の交通費の条件は確認しておく必要があります。

調べておいた交通費を履歴書に記載する場合もあります。日によってバイト先までのルートが変わる場合は、両方の通勤時間と交通費を調べて説明しておく必要があります。

6、まとめ

おススメ回答例まとめ

・やる気や熱意の見える志望動機!

・具体的かつ融通の利くシフト希望

・どんなバイト経験をしてきたか、ない場合は長所や意欲を伝える

・希望職種は理由を添えて話す。時には柔軟さも必要!

・勤務時間、交通費は事前に調べておく

受ける前に知っておきたい!カフェの面接で聞かれることTOP5

カフェ面接は「挨拶やマナーが身についているか」や「しっかりとした受け答えができるか」が重要視されます。カフェ未経験であっても面接で印象が良い場合は、採用される可能性が高いです。面接は何度か経験することで慣れることもあります。慣れることで緊張が和らぎ、受け答えが上手くなることもあります。

カフェバイトは人気です。もし1度だめでも他のお店では受かることがあります。諦めず、積極的にチャレンジしてみてくださいね!

この記事のライター

writer_yamamoto

...

カテゴリ一覧

労務

18件のまとめ

労務

資格・スクール

12件のまとめ

資格・スクール

レシピ

18件のまとめ

レシピ

ニュース

77件のまとめ

ニュース

インタビュー

113件のまとめ

インタビュー

仕事

48件のまとめ

仕事

コラム

76件のまとめ

コラム

海外・英語

13件のまとめ

海外・英語

カフェ

15件のまとめ

カフェ

スイーツ

7件のまとめ

スイーツ

雑学・豆知識

58件のまとめ

雑学・豆知識

お酒

13件のまとめ

お酒

美容・健康

25件のまとめ

美容・健康

食材

31件のまとめ

食材

お店

19件のまとめ

お店

カテゴリ一覧

労務

労務

資格・スクール

資格・スクール

レシピ

レシピ

ニュース

ニュース

インタビュー

インタビュー

仕事

仕事

コラム

コラム

海外・英語

海外・英語

カフェ

カフェ

スイーツ

スイーツ

雑学・豆知識

雑学・豆知識

お酒

お酒

美容・健康

美容・健康

食材

食材

お店

お店